2014年12月25日

初級ホール選び実戦までまとめ

こんにちはたれめるとです(^^)
今回は、「初心者リーマンスロッターのホール選びから実戦まで」最終章!まとめになります。ハイエナ稼働編です!

まずはホール選びからでした!内容はこちらです↓↓

ポイントは、ハイエナ稼働に向いたホールを探すということですね。ライバルが少ない、適度な稼働、ライバルと差をつけるための前日データが残らないホールを選ぶといったところですね。

次に目当てのホールが決まったら、前日に下見をしてみよう!という流れでした!
内容はこちらです↓↓

Atype(ジャグラー、ハナハナ等)以外の台の最終止めゲーム数をメモすること、ライバルの有無の確認、前日出目をメモすることがポイントでした!

情報を拾って来たので、情報を整理して明日の予定を立てるのが次の行程になります。
内容はこちらです↓↓

宵越し天井狙いを優先的に明日の朝一から触れる台の予定を立てることがポイントです。ほとんど予定通り行くことはないですが、予定を立てることでスムーズに移動ができます(^^)

いよいよ実戦!といいたいところですが…ライバルが居ないに越したことはないですが、なかなか思うようにはいかないですよね(・・;)
内容はこちらです↓↓
いよいよ実戦!その前に・・・
ライバルの同行や、朝一台の出目確認、ブルルンチェックなどがポイントになりますね(^^)
朝一次第で、今後このホールが使えるかどうかが大半を占めると思って良いでしょう!

今度こそ実戦ですね(^^)と言っても、ゆっくり楽しみながら打っている場合ではないのでした(._.)
内容はこちらです↓↓

周囲状況の確認、据え置きメインのホールかリセットが多いホールなのかを判断することがポイントですね。据え置きメインならば、朝から使いやすいホールである!ということでした!1日同じホールで稼働することは難しいということも重要ですね
(^^)

最後にホール巡りですね(^_^)
内容はこちらです↓↓

10分待つぐらいならば、10分掛けてホールを移動しましょう!がポイントでした(^^)

自分が行ける範囲のホールを出来るだけ巡回してホールの特徴を掴むことが大切です!

最近はライバルもたくさん同じような稼働をしています。やはり差をつけるならば、朝一の宵越し狙いが手っ取り早いでしょう!

 特に美味しい台が落ちていない場合は、今後のために朝から新規ホールの傾向を見出すことも大切だと思います。

稼働が少ないホールは朝一から行かなくとも2.3番目に行くホールに設定するなど、工夫次第で宵越し狙いは多数出来ると思います!

いかがでしたか!?「初心者リーマンスロッターのホール選びから実戦まで!」
最終章も終了になります(^_^)

最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)


パチスロランキングへ

posted by たれめると at 16:18 | Comment(0) | 初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月21日

初級ハイエナ稼働ホール巡り編

こんにちはたれめるとです!年末にグランドオープンするホールもけっこうあるみたいですね(^_^)業界はマイナス業績を辿る一方の様ですが、なんだかんだ儲かっているのでしょう(・・;)

私達はそんなホールにお金を貢がず、少しでもお小遣いを増やすべく頑張っていきましょう(^^)

さて、貴方が選んだホールは今後使える店になりそうでしょうか!?しかし、いくら稼働し易いホールでも限界があります!

稼働が無ければ台は育たないですし、ライバルが台を探している状況があれば、ライバルも打てる台が無くて困っているということになります。

その稼働状況やライバルの動きを考慮しなければなりません^_^

あまりにも今いるホールにこだわって空き台を待ち続けると、下手すれば触らなくてよい台に手を出してしまう危険性があります(・・;)

 10分ホール内を巡回する位ならば、10分かけて新しいホールに移動した方が効率が良いことが多いです!

移動したホールには美味しい台が落ちているかも知れませんし、ライバルもいないかも知れません!

後に解説しようと思いますが、予め朝行くホール→二軒目→三軒目…とルートを決めておくと良いと思います!もちろん、移動に時間が掛からないような効率的なルートが良いです(^^)

効率的なルート意外に考慮すべき点があります。二軒目に移動する店は場合によっては、午前中などの早い時間になることも考えられます。

その場合まだ当たりを引いていない宵越し状態の台も多数あることが考えられます。あわよくば、宵越し狙いの台が落ちていることもあるのです!

そうなった場合、二軒目に移動する時間によって選択するホールは変更することも必要になると考えられます。

今回の条件では、前日下見は一軒しか回っていませんのでライバルとの差別化は難しいですね。

ただこの二軒目のホールが宵越し状態が多数ある場合は、このホールがどういった形態か調べておくと今後に繋がります!

設定据え置き、設定リセット状態を確認しましょう!

《例》
Aホール→据え置きメイン
Bホール→ハマり台のみリセット他据え置き
Cホール→看板機種は全リセット他は据え置き。

などまとめておくと、今後に使えるということになります。

ただホール店長が変わったりしてホールの営業形態も変わる可能性があることは頭に入れておきましょう!

このようにして専ら大切なことは、ホールの特徴を掴むことです(^_^)

前日下見を行った朝一ホールに拘り過ぎることなく、稼働できる台が無い場合は
積極的にホール巡回を行いましょう!!

 最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)


パチスロランキングへ

posted by たれめると at 11:16 | Comment(0) | 初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月19日

ハイエナ稼働実戦初級編第二弾

こんにちはたれめるとです!
さてさて(^^)
「初心者リーマンスロッターの店選びから実戦まで」
の企画でお送りしています。いよいよ実戦編第2弾になります。

この目的は、
このホールが今後ハイエナ稼働に使えるかどうか判断すること
ですね。

 基本的に設定据え置きが多いホールの方が使いやすいホールであると言えます。というのも、前日に全てのゲーム数を把握しているわけですから、当日の本当のゲーム数は下見を行った貴方、若しくはライバルしか知らないことになります。1回当たるまでは見た目が天井ゲーム数に近くなくても、昨日とプラスすれば、かなり回っていたりすることになりますね!(例:昨日520+今日200)

 ゾーン狙いも同様ですね。見た目はゾーンでなくても実際はゾーンに近かったりします(例:サラリーマン番長にて 昨日110+今日85)

 朝からハイエナ稼働に使えるかどうか判断すること=据え置き営業がメインのホール ということになります。

 貴方の選んだホールはいかがだったでしょうか?変な話、オール設定1営業で一切設定をリセットしない極悪営業でもハイエナ稼働では美味しいホールだったりするわけですね。

 1回当たってしまえば他の方と条件は同じになりますので、そこからは客層や人の動きに注意しながら、ハイエナできそうな台が空くのを待つしかありませんね。ハイエナ稼働は期待値が高い台の稼働を積み上げていくしか収支を上げる方法はありません。

 なかなか、ひとつのホールで1日稼働することは難しいと思います。
次回は、店回りについて考えていきたいと思います。

 最後まで読んでいただきありがとうございます!


パチスロランキングへ

posted by たれめると at 07:02 | Comment(0) | 初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。