2015年02月12日

巌とのパチスロ猛研修やってるやってる編

猛研修には更に上もあるそうですよ。はい。
こんにちはたれめるとです。今回は巌シリーズ3段目です。これまでの記事はこちらから↓↓
今までで唯一パチスロを教えた漢「巌」との出会い

巌にパチスロを教える約束をしてからは、共にホールに通うことが増えます。社内の研修中も暇さえあれば、確率計算の仕方やそもそも確率とは何ぞや!?といった話をしていました。

もっぱら最初は、ハナハナばかりでした。今でこそ確率なんて台データに乗っていますが、当時はありませんでした。まずは座る前に確率の計算をさせ、前日、前々日の状況まで確認するように指導していました。

台に座れば、子役を取りこぼさないように打つこと。スイカの枚数は12枚だったかな?ということもあり、取りこぼすと240円だぞ!と厳しく話をしていました。

ビッグ中のリプレイ外しももちろんです。ハナハナは比較的簡単でしたが、失敗した場合の枚数をお金に直して注意していました。

目押しは飲み込みが早く、そんなに苦労しませんでしたが、巌は風貌通り、短気なんですよ。

すぐ、飽きます。子役も油断すると取りこぼします。その度に気をつけるように指導しました。

ちょうどその頃、南国育ちがホールを賑わせていました。そして私達が通うホールにも背中合わせに10台ずつ20台設置されていました。

通い続けて気にして見ていると、毎日1台だけ設定6が設置されているようでした。以前に私は経験がありましたが、設定6を打って実感するには、南国育ちはとても適した台だと思いました。

南国育ちの設定6の挙動
・朝一の初当たりから、連チャンしやすい。
・その連チャンは3連がほとんど
・以後、3連単発を繰り返す。

ざっと書きましたが、モード移行が設定6だけ別格で、かなり設定判別がしやすいと有名な機種でした。

そして私達は休みの度に南国育ちの設定6狙いを敢行します。10台の背中合わせはとても大切な部分で、毎日交互に入っていたのです。

ですから、前日に設定6が入っている列を確認して反対の列を狙う作戦をしていました。

当時並び順入場だったのですが、ライバルは多くて10名程度でした。

そのライバル達も意外と交互に入っていることに気づいていなかったので、設定6を数回ツモることができました。

ノリ打ちの概念を教え、ノリ打ちとして南国育ちの設定6を打ってもらいました。

ある日初めて設定6をゲットした日、巌に終日打ってもらうことにしました。その間私は吉宗のハイエナなど、巌に確認しながら打っていました。

最初、ノリノリだった巌の表情が徐々に元気が無くなります。どうやら初当たりが引けないようです。

いくら南国育ちの設定6と言っても、1\240程度の初当たりを引かなければ話になりません。

レバーやボタンを押す力が激しくなります。

基本、風貌が怖いのであまり近づきたくありません。

しかし、3連単発を繰り返す明らかな設定6です。

せっかく設定6をゲットしたのに、300枚程のプラスで終わったのでした。

巌には設定6を思いっきり体感してもらいたかったのですが、ほろ苦い設定6デビューとなりました。
その後も、設定6を打つんだ!店のクセを読むんだ!子役は宝だ!取りこぼすな!と徹底的に話をしました。

巌も徐々にパチスロは我慢が必要だ。地味に頑張る必要があることを理解してくれました。

そんなある日、私が巌にマジ切れする出来事が起こります!

今日はここまでです。

最後までお付き合い頂きありがとうございます
m(_ _)m
posted by たれめると at 12:29 | Comment(0) | 過去録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月11日

新米スロッター巌にパチスロを教えるきっかけ

こんにちはたれめるとです。今回は、唯一パチスロを教えた漢の第2弾です。前回記事はこちら↓


いつものように研修を受けて、ホールを覗いて帰る日々を過ごしていると、ハナハナの高設定らしき台を見つけました(^^)

当時そのホールには40台ものスーパーハナハナが設置されており、客付きも7割程度はありました。イベントも盛んでハナハナは力を入れており、毎日のように設定6と思われる確率の台がありました。

そんな1台を確保して打っていると、かなり調子が良く当たります!あっという間に頭上には2箱の木の葉積みの箱が並びます(^^)

今日は貰ったな!と打っていると、背中にドン!と衝撃が走ります!

振り返ってみると、当時のたれめるとよりも若い男が3人ぐらい立っています。もちろん知らない人です!

表に出ろ!とジェスチャーをしますが、身に覚えがないので無視をしていました。すると椅子に蹴りを入れてきたので、困ったなぁと思っていました。

私は格闘家でもないので、平和主義!暴力反対派です。

そんなとき、巌が現れました!

「なんすかこいつら!?知り合いすか!?」
「知らない人だ。」

と言うと、巌は睨みを効かして追っ払ってくれました。

さすがに巌の風貌からすると、その若い輩達もビックリしたのでしょう!

巌「しかし、たれめるとさん。どうやったらそんなに出るんすか!?」

私「この台はおそらく高設定台だ!設定6だと思うんだよ!」

巌「?????。」

私「(^_^;)」

ということで、その日は閉店まで付き合って貰って飯を奢ることに。

私「パチスロって言うのは設定が1〜6まであるんだ!ホール側が設定を決めることができて、設定6が一番良い設定なんだよ。」

巌「そうなんすか。どうやったらわかるんすか?」

私「ハナハナに関して言えば、確率を計算しないといけない!」

巌「確率って何すか?」

私「(^_^;)」

と、最初はこんな会話をしながら、パチスロのイロハから話をすることになりました。

巌「たれめるとさん!!俺、スロット上手くなりたいっす!勝ちたいっす!教えて下さいよ!!」

と言われました。

私「かなり厳しいこと言うと思うけど、大丈夫!?その覚悟があるならば、教えるよ。」

と、こんな風に約束を交わしました。

そして、ここから巌とたれめるとの猛研修が始まります!

最後までお付き合い頂きありがとうございます
m(_ _)m


パチスロランキングへ

posted by たれめると at 09:46 | Comment(0) | 過去録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月10日

今までで唯一パチスロを教えた漢巌との出会い

こんにちはたれめるとです。今回は、私が出会った人の中で唯一、パチスロを教えた人物の話をしたいと思います。

その前に私は、職場や家ではほとんどパチスロの話をしません。ですので、たまたまホールで会った人や人伝いに知った人が、私がスロッターだと知っているぐらいです。

そもそも、パチスロ初心者の人をパチスロの道に引っ張って行ったのは1人だけです。

そうです。妻のみです。

と言うのも、むやみにパチスロに引き込むと、各人の生活や人生を左右する恐れもあります。その域までは責任は取れないです。

私の地域や職場はパチンコ、パチスロをする人が多い印象で、私にとっては良い環境です(^_^;)

私が大学生の時は、今住んでいる地域よりは盛んではなく、パチスロをしていると白い目で見られる感覚がありました。

こういったことを総合すると、自ずとパチスロを知らない人に「パチスロ行こうぜ!」なんて、気軽に言えない訳です。

時はさかのぼり、10年前!

私は今の職場に入社しました。新入社員は大卒者と高卒者が入り混じっていて、みんなで新入社員研修を受けました。

1か月の全体研修を終えると、配属先のグループに分かれ、各部門を4名1組で2か月掛けて研修を行うことになっていました。

そのグループメンバーは今も同じ部署で働いているのですが、みんな高卒の18歳でした。

私は当時24歳でしたので、毎日ヤンチャな若者たちと一緒になってワイワイ研修を受けたのでした。

さすがに新しい土地で友達も居ませんから、自然と仲良く遊んだりもしていました。

その中で一番ヤンチャで学校行ってたの?って奴が、パチスロの話を始めたのです。

そいつの名は巌!(仮名)番長2に出てくる巌がピッタリイメージに当てはまります。

当時、4号機の30φのストック機スーパーハナハナが主流で、看板台として使っているホールがありました。

巌は、高校生の頃からそのホールでハナハナを打っているらしく大好きだそうです。

私は冒頭の理由の通り、へぇへぇと話を聞いていました。私もパチスロするよ!ぐらいしか言ってなかったですね。

その後、ひょんなことから巌に徹底的にパチスロのイロハを教える日々が始まります。

次回、巌とたれめるとのパチスロ研修!
やってるやってる!編です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます
m(_ _)m


パチスロランキングへ

posted by たれめると at 10:43 | Comment(0) | 過去録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。